仮面浪人の多い・仮面禁止の大学はどこ?実は早稲田と東大志望が多数

仮面浪人の多い大学は存在するのでしょうか。

また、仮面浪人を禁止する大学があるのは本当でしょうか。

今回は私自身が仮面浪人を体験した時のことをもとに、どの大学に仮面浪人が多いのか考えてみたいと思います。

仮面浪人の多い大学はどこ?

仮面浪人が多い大学の正確なデータはありません。

しかし、ある程度予測と見当をつけることは可能です。

筆者が考える仮面浪人の多い大学は以下のようになっています。

  1. 日東駒専
  2. MARCH
  3. 地方国立
  4. 早慶
  5. Fラン大学

順番に解説します。

日東駒専:1,2ランク上の大学狙い

日東駒専に仮面浪人が多い理由は、日東駒専より上のレベルの大学がそこそこあることと、第二志望以下の確率も高いことです。

まず、日東駒専よりレベルが1,2ランク上の大学が多くあります。たとえば、MARCHや早慶、上位国公立大学です。 これらの大学を狙って仮面浪人をする人が見込めるので仮面浪人も多くなります。

また、1,2ランク上の大学の滑り止めとして入学してきた学生も一定数いるのが仮面浪人の数を押し上げる要因のひとつです。

MARCH:早慶国立狙い

MARCHは日東駒専よりレベルが上がるので、同じようにMARCHより上のレベルの大学の数も少なくなります。

そのため、日東駒専のケースと同じように上のレベルの大学を夢見て勉強に励みますが、大学の数に合わせて仮面浪人の数も少なくなります。

地方国立:早慶旧帝狙い

地方国立で仮面浪人する場合は地方の旧帝大学を狙うか都心の早慶を狙うパターンが考えられます。 私立大学で仮面浪人しているのとは異なり、志望校に国立大学をあげる人も多いです。

一度国立受験をしているので、科目数が多くなっても平気な面もあるのでしょう。 また、科目数を削って早慶を狙うというパターンも考えられます。

早慶:東大狙い

早慶で仮面浪人する場合、第一志望は東大の可能性が高いです。早慶より上の大学になると東大京一橋くらいかないので、そちらに落ちてしまった人が仮面浪人になります。

逆に早慶レベルになると、それより下の大学もたくさん出てくるため、そちらに仮面で移籍を考える人は少ないです。

Fラン大学:どこかを狙う

Fラン大学で仮面浪人をする人は少ないです。 Fランより上の大学は山ほどありますが、あえてFランから脱出を試みる人は少ないです。

そもそも、現役時代に努力をしていればFランを回避できるので、努力をしてこなかった人がわざわざ仮面浪人をしようとは思いません。

そのため、仮面浪人はいたとしても少数でしょう。

仮面浪人で早稲田と東大を目指す人が多い?

Googleはどの単語が一番検索されたかデータを公表しています。 それをもとにすると、毎月「仮面浪人 早稲田」「仮面浪人 東大」でそれぞれ100人以上の人が検索しています。

そのため、早稲田で仮面浪人をしているか、もしくは早稲田か東大を志望して仮面浪人していることが予想可能です。

仮面浪人を禁止する大学はあるのか

仮面浪人を禁止している大学はありません。なぜなら大学在学中に個人で行うことなので自由だからです。強制されるものでありません。法律を犯さない限り何をやってもいいと言えるでしょう。

しかし、実習が多い学部だったら授業外の時間も準備に取られるので、物理的に仮面浪人が難しい学校もあります。 時間に余裕のある大学の学部だったら仮面浪人は可能だと考えてもよいでしょう。

まとめ

今回は仮面浪人が多い大学について考えてみました。 やはり日東駒専は偏差値的に考えても真ん中に位置するので、上の大学に憧れて仮面浪人する人も多いです。

また、早稲田で東大を目指す人も「東京大学物語」のように多いですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

独学にはスタディサプリが必須!

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服5教科18科目、4万本を超える授業動画がPC、スマホで月額1,980円(税抜)~で見放題です。

また、スタディサプリには以下のようなメリットがあります。

  1. 圧倒的にわかりやすい プロ講師の神授業
  2. 共通テスト対策充実 リスニング対策も
  3. 4万本の豊富な 講座ラインナップ
  4. やるべき講座がわかる 学習プラン
  5. 現役難関大の コーチがサポート

さらに、講師こだわりのオリジナルテキストも無料でダウンロード可能なのでテキストも手に入ります。

1回約15分のプロ講師の神授業で、東大、京大、早慶上智などの国公立・難関私立対策もバッチリ対策可能です。

今なら14日間無料で体験できるので、試しに登録してライバルに差をつけましょう。

「仮面浪人の教科書」は必読

仮面浪人の成功者が体験談をまとめた「仮面浪人の教科書」があります。

こちらは筆者も出演しており、さまざまな仮面成功者の受験スケジュールやありがちな悩みの解決方法がまとめられております。

仮面浪人をする上で必読の一冊です。